★都心でワーママ!教育・お金のこと★

都心の子どもの教育と将来について考えるブログです。


アメリカ株買ってみた

これまでのお話↓

www.tomobataraki.work

www.tomobataraki.work

 

マネックス証券の口座からアメリカ株買いました。

買った銘柄は…

です。

 

アメリカの会社の株は1株から買えるのでめちゃめちゃ買いやすいです。

日本だと「最低〇株単位から」というのがあるので、超優良で株価が高い銘柄はうちのような庶民だとリスクが高すぎて買えないのです。

たとえば、「キーエンスの株がほしいな!」と思っても

一株50000円、最低100株からしか買えないので、約500万円必要なのです…。

仮に、無理して買ったとしても、100株単位でしか売れない…。

ちょっとした値動きで数万~数十万滑るのでその額を「まあ誤差範囲やな」と思える人じゃないと、心理的負担になってしまいます。

超優良株は貧乏人は手が出せないようになっている…

そう考えると、庶民が投資できる国内の銘柄って、数万~数十万円で買えるものに限られます。つまり選択肢が狭くなる。

こういうのって自分が株買い始めるまで全く知りませんでした。

ほんと義務教育で教えてよ!!!って思ったよ。

一方アメリカの株は…

一株から買えます。

たとえば、Googleの株価はいま一株約1000ドル(10万円前後)

ものすごい株価だけど、1株から買えるので庶民でも手が届く価格帯…!!!

アメリカって、社会保障が薄くて自己責任の国なので日本より投資してる人口が多いって聞きますが、有名企業の株がこんなに買いやすいならそりゃみんな投資するよ、って思いました。