★都心でワーママ!教育・お金のこと★

都心の子どもの教育と将来について考えるブログです。


自営業はふるさと納税限度額が分からないから怖くて突っ込めない

収入に波がある自営は年度末にならないといくらふるさと納税に突っ込めばいいのかわからない

ことし私育休中で夫の稼ぎのみなので、ふるさと納税かなり少額しかできない…。

計算間違って下手こくぐらいなら、むしろ今年はしないほうがいいのでは…っていうくらい…つらい…。

 

ふるさと納税って高収入世帯が優遇されまくる制度だとおもう

めちゃくちゃ概算ですが…ふるさと納税の上限額は…

  • 年収400万で共働き子ども2人で 約1万円ちょっとが上限
  • 年収800万だと 同条件で 約10万円が上限 年収2倍でふるさと納税上限が10倍に…!!

逆に、

  • 年収300万だと 同条件で なんと上限3千円…!!!

 

あと、この計算って自力じゃできないじゃないですか?

総額何円までふるさと納税に使っていいのかネットで調べるでしょ?

そもそもふるさと納税じたいもはやネット通販みたいな感じじゃないですか?

ある程度ネットリテラシー高くないと無理ですよね…?

 

格差社会を感じる…

上記のことをすごく感じたエピソード。

うちの区の区報に、「区民がふるさと納税するせいで、うちの区の税収が○○円(かなりのすごい額)減ってます!これは問題です!」みたいなことが書いてあったんです。

うちの区は、高学歴高世帯年収の人が多い(とくにファミリー世帯の人)ので、みんなふるさと納税のことよくわかって、キッチリ節税してるんです。

 

逆に、貧困でネットのことも税金のことも福祉のこともよくわからない人は、税収低下による福祉のデメリットや増税のみを受けているのでは…。