★都心でワーママ!教育・お金のこと★

都心の子どもの教育と将来について考えるブログです。


職住近接!!都心の地価はどんどん上がるよ…

近所のここ数年の地価の上りぶりはすごいです

新卒の時から今の区に住んでいるので、地価の変遷をまのあたりにしています。

10年前のチラシでは築20年弱で3000万台だった物件が4000万台に…。

もっとすごいと思ったのは5年前新築だった物件(ファミリー用)が今では1000万以上ねあがって売られている…。

保育園の同級生で持ち家の人は全員口をそろえて「今の値段だったら買えなかった」と言ってます。

なぜそんなに物件の値段が上がるのか…

  • オリンピック前
  • 交通の便がめちゃくちゃ良い
  • 教育環境がいい(有名公立小学校がある)
  • 再開発

以上のことから特に職住近接志向のファミリー物件の需要がすごい

もはや値段が下がる要素がない…

マイカーいらない志向

カーシェアがとても流行っていて、免許を持っているお家は車を持たずにカーシェアの人が多いです。半分くらいの世帯がそう。

みんなあまりにも車を持たなさ過ぎて、分譲マンションの駐車場が余っていて「住民以外の人にも貸し出し可」のチラシが撒かれるくらい。

なので車+車庫付き物件を買うより、その金額で少しでも都心に近い車庫なし物件を買う人が多い。

あまりのバブルぶりに、今まで住んでた物件を売って近くの賃貸に移り住む家庭も

保育園の同級生のおうち数件が家売って同じ学区内の賃貸に住み替えてました。

近所の銀行で学資の相談したときも「ここら辺に住んでる人はいますごい高く売れるから家売る人が多い」と言ってましたので私の周りだけではない。

〇年間実質タダですんだ上に1000万黒字になるならそりゃ売るよね。

売ったママ友たちは、「オリンピック後地価が下がってから子供の進学先を考慮した便利な土地に安く買いなおす計画」と。かしこすぎる…。

賃貸もファミリー用はかなり人気

本当に5年くらい前までは考えられないくらい賃貸もうまってきてます。

私がおととしまで住んでたこの問題物件。↓

  • 築30年以上
  • 40平米台
  • 複数の部屋で複数の雨漏り(もはやどこが漏れてるか特定できない)
  • 下からの雨漏りによる畳・畳レールのカビ
  • 上階の風呂の下水がうちの風呂場の換気口から垂れてくる
  • 差し押さえにより途中から大家が変わる
  • あらゆるところが老朽化でガタが来ていて本気で治すには莫大な金がかかるため、雨漏りなど何度訴えても直してくれない。
  • とてつもない底冷え(クロックス必須。床や畳に寝転がったりできない)
  • なのに家賃は12万越え

私が住んでた頃は常に空き室が複数あり、毎月のように誰かが引っ越していたのに、今はいつみても満室…!

雨漏りのため天井からごみ袋をたらしバケツに雨水をためてる部屋で寝ていた…もう限界だと思って2年で引っ越したんですが、あの部屋は今どうなってるのか…

オリンピックが終わっても都心の物件はそんなに値下がらないと思う

  • 共働き世帯増加による職住近接志向
  • 公立の学区にこだわる(都心のほうがいいと思われがち)
  • 子供が就学したら簡単に引っ越さない
  • オリンピック後の購入狙いの人がかなりいる

という印象を受けるので。