★都心でワーママ!教育・お金のこと★

都心の子どもの教育と将来について考えるブログです。


ITに仕事をとられてそのうちなくなる職業

昨年まで夫の確定申告は税理士事務所に頼んでいたのですが、今年は私がチャレンジ。

ダンボール1箱分のレシートを仕分けするところからスタートです。

節税のため頑張って複式簿記で記帳してます。 

 

青色申告65万控除のハードルは高い

65万控除受けるためには複式簿記で記帳しないといけない。

しかし、複式簿記の書き方は義務教育ではやらないため、大多数の人は全く知らないと思う。

 

数年前、私も複式簿記がまったく理解できなくて青色申告会に相談に行ったことがあります。

職員の方に「全然わかりません…」って言ったら、「誰でも簡単に分かるようにしたら税理士の仕事がなくなってしまうでしょ。」って返されました…。

そういうことか…と思いその後商工会議所の個別相談や市販の本を読んで何とか自力で青色申告65万控除ができるようになったのです。

私は家計のために控除の鬼になって勉強しましたが、周囲の人で元サラリーマンだったり今まで白色申告しかしたことなかった人は全員自力での青65確定申告をあきらめてます。それくらいハードルが高い…。

 数年ぶりに購入した記帳ソフト「弥生の青色申告」はクラウド化していた。

数年前から比べるとインターフェイスが進化して、複式簿記の知識がなくてもただ言われるままに入力していけばいいだけになっていた。ヘルプも充実。すごい。

 

昔はこんなすごいソフトなかったのでそれこそみんな税理士頼みだったのだろうけど、規模の小さい事業なら自分でできてしまうすごい世の中になった。