★都心でワーママ!教育・お金のこと★

都心の子どもの教育と将来について考えるブログです。

TVゲームと学力

私の知り合いはゲーマーが多いです。

彼らの半生を見ていてゲームと学力について思うところがあるので書いてみます。

 

ゲームが強い子は頭がいい子、勝負勘の冴えてる子が多いです。

また、勝つための努力、根気、闘争心もかなりゲームで培われます。

 

巷でよく言われる「TVゲームやってると馬鹿になる」という噂ですが、これは完全に子供次第親次第だなと思います。

 

Youtubeによく「TVゲームの対戦で負けて発狂して暴れる子供」の動画があります。

あれはちゃんとあのタイミングで親が子供に「勝負に勝つためには地道な努力が必要」「本当に強い人は弱い人のことをバカにしない」など教え諭さないといけないのです。

そのうえで、まだチャレンジするか辞めるかその場で子どもに決めさせる。

それれでも暴れるならその子はゲームに向いてないか、そのゲームができるほど精神年齢が発達していないのです。

 

質のいいゲームを、親主導で与えてる場合はプラスに働くと思います。

 

オススメのジャンル(奥が深いので、正しくやればかけた時間に比例して得るものがある)

  • 対戦(対AIではなく通信などで生身の人間と対戦)スプラトゥーンなど。
  • FPS(瞬時の総合的な判断力を求められるので子供にやらせると頭がよくなる、という研究結果あり)
  • マインクラフト

 

オススメしないジャンル(気分転換程度にやるならいいけど毎日何時間もやるのは無駄)

  • スマホゲーム(目が悪くなる)
  • 対戦ものではないゲーム(時間の無駄になる)マリオランとか
  • そのほか時間つぶし的なゲーム
  • ポータブルゲーム(外でもゲームをしてしまう可能性あり)

また、「ゲーム一切禁止」の家の子の弊害として。

ゲーム禁止の子がうちに遊びに来ると…ゲームを独占して絶対に放しません…。他の子に順番を譲ったりとかの我慢ができないようです…。

 関連記事

www.tomobataraki.work