★都心でワーママ!教育・お金のこと★

都心の子どもの教育と将来について考えるブログです。

狭小賃貸マンションでやりくりしていくためのコツ

我が家は2LDKですが、仕事部屋に1部屋つぶしているので実質1LDKで家族4人(子供0歳、7歳)で生活しています。

  • 6畳和室 (共働きで時間と労力の節約のため万年床+枕元に絵本が散乱)
  • 14畳 フローリング (ここで睡眠以外の生活すべてをまかなっています)

何も考えず成り行きで暮らしていくとどんどん物が増えてゆき、かといってかたずける時間もなく、日に日に生活も心もすさんでゆきます。

リビング内で目的別に空間を分ける

キレイで何もない部屋よりも、小学生の長男にとっては多少ごチャッとしている部屋のほうが良い、との夫の強い主張により、現在ではこのようになってます。

女の子はきれいに方ついてるほうが好きだけど、男児はゴチャッとした狭くて秘密基地みたいなのが好きだそうで、その辺の感覚は私には理解できません。

TVゲーム、TV視聴スペース

  • 2畳ホットカーペット+ちゃぶ台

くつろぎスペース

  • 無印 ワイドアームソファ (2シータ)

ネットで中古を落札。中古すぎてちょっと後悔…

ホットカーペットに隣接して設置。

この近くに書籍を置く予定。

 

食事

  • ダイニングテーブル

10年前にリサイクルショップで3千円で購入。とても作りがいい。

学習机でやる気が出ないときは、ダイニングテーブルでも宿題可

勉強+好きなことができる長男の空間

  • 学習机
  • ダイニングの隅っこ、窓に面した一角に設置。

その他

  • 衣類収納のFitsが2か所
  • 背の低い本棚2台
  • ちょい置きテーブル

家具が多くなる分、空間の開放感が得られないのですが、それよりも多少ごっちゃりしているほうが子供が落ち着く/学習に集中できる。部屋のスッキリ感よりこどもの発達に良い環境のほうが大事!ということでこのようなレイアウトになりました。

どんどん家具が増える…ミニマリストとは正反対の考えです…。