★都心でワーママ!教育・お金のこと★

都心の子どもの教育と将来について考えるブログです。

フランスベッドの折りたたみベッド(7万)を購入

我が家は六畳和室に西川Airを3枚敷き、そこで家族4人で寝ています。

今は子供が小さいのでギリギリ大丈夫ですが、夏は相当暑いです。

今年の夏は、北国出身の夫がついに根を上げ、「仕事部屋に折り畳み簡易ベッドが欲しい。一人で寝たい」と言いだしました。

我が家は60㎡2LDKですが、そのうちの1部屋を仕事部屋にしており、実質1LDKで生活をしています。

折り畳みベッド…狭小賃貸にまた大型家具が増える…しかし、このままでは夫の健康と仕事の効率に差し障る…。

ニトリディノスで折り畳みベッドを探しましたが、明らかにAirより寝心地が悪そう…。

寝心地のポイントはマットの質!

長男が2歳のころまで住んでたアパートはとても狭く、10年使った中古のダブルのフランスベッドが壊れたため、スーパーで売られていた9800円の布団セット(枕、敷布団、掛け布団)を畳に敷いて寝ていました。

半年もすると、腰痛に悩まされるようになりました。

安物せんべい布団で腰に負荷がかかり、寝ている時でも痛くなるように。

そこで私は調べまくって当時発売されたばかりの西川Airにたどり着きました。

それ以来、腰痛は無くなりました。

敷布団では今でも西川Airが一番良いと思っていますが、寝心地ではフランスベッドのスプリングには敵いません。

フランスベッドに折り畳みベッドがあった!!

ディノスニトリを遥かに超えるいいお値段。

天下のフランスベッドならマットの質は間違いないでしょ!と思い実物を見ずに通販で買いました。

我が家は狭いので、長男が成長して個室が必要になったら、仕事部屋を長男に明け渡すつもりです。

ただの臨時睡眠用の折り畳みベッドではなく、どうせ買うなら将来長男用のベッドとして使えるクオリティのものを買おう、と思って買いました。

実際寝心地は、普通のベッドとあまり変わりませんでした。

ローリングだとキャスターが滑りやすいのが気になりますが。

今は寒くなり、再び家族全員和室で寝るようになったので、折り畳みベッドは畳まれて仕事部屋の隅に置かれています。