★都心でワーママ!教育・お金のこと★

都心の子どもの教育と将来について考えるブログです。


授乳期に安全に飲酒する方法

授乳中…だけどお酒飲みたい!!!

ネットで調べても、飲酒後の授乳の是非について書いてあることはてんでバラバラ…ヒットするのはキュレーションサイトばかりでどこの誰が書いているのか、ちゃんとエビデンスがあるのかも不明なサイトが多い…。

 

母乳中のアルコールを自分で調べられるキットがある!

その名も「ミルクスクリーン」Milkscreen Alcohol

アメリカ製の試薬です。 検査紙に母乳をたらして2分待つだけで母乳中のアルコールが分かる。

アルコール濃度13.1mg/dl以下なら陰性、以上なら陽性にでる。

ドラッグストアなどにはまず売ってないので通販が基本

楽天とアマゾンで発見。


 

 

オススメの使いかた

初めて使うときは、飲酒後30分後、1時間後、2時間後、3時間後とアルコール陰性になるまで1時間おきに測定を続ける。

そうすると、母乳から酒が抜けるまで飲酒後何時間必要かが分かる

次回以降は、飲酒後陰性になった時間まで授乳を開けたうえで、授乳直前に試薬を一度つかって本当に陰性か確かめてから授乳をする。

 

 

なんか、何でもかんでも「母親なんだから子供のために我慢!」という日本に比べて、こういう便利ツールを使って母も子も両方できるだけハッピーにする、という考えがアメリカらしいなと思った。

 

当然、アル中、育児ノイローゼ産後うつ、こどもに疾患がある場合はこれ使う前にまず病院に行って相談すべきです!