★都心でワーママ!教育・お金のこと★

都心の子どもの教育と将来について考えるブログです。


長男小1…スイミングの家庭教師を…手配しました…

f:id:tomobataraki:20170410163922p:plain

長男のこれまでの水泳歴

年中からスイミング教室

やっとめんかぶりクロール3mのクラス。まだ息継ぎはできない。

ちなみに同じ時期に始めた同級生で一番早い子は4泳法マスター済で選手コースに選抜…。

実は数か月前から長男はカナヅチになってしまったのです…

原因は夫…区民プールで自主練中に夫の不注意で長男を溺れさせた…

それ以来恐怖心からフォームが崩れ、泳げなくなってしまったのです。

普通の25mプールは小1ではまだ足がつかないのです

長男はスイミング教室ではめんかぶりクロールのクラスなので、息継ぎの方法をまだ習っていない。

加えて、足がつかないときに溺れない方法(ボビング)も一切習っていないのです。

つまり、足がつかないほど深い水深の時にどうすればいいのかわからない。

そりゃ怖いよね。

90分の家庭教師を頼みました

ネットで検索するとたくさん出てくる…いまはスイミングの家庭教師って需要あるんですね。

大体は60分授業なのですが、90分のところがあったのでそこにしました。

 

家庭教師の授業でやったこと

指定された区民プールで現地集合。

グループレッスンと違って待ち時間0なので90分ぶっ続けで泳ぎまくり。

足がつくところでボビングなどやってから、めんかぶりクロール、クロールの息継ぎの練習

うちの子は恐怖心で顔が前に向いてしまうので、そのフォームの矯正が結構大変だった様子。

良いところは褒めてくれる

きみは体が柔らかいので練習したらきれいなフォームになるよ!みたいなことを本人にどんどん行ってくれるので自信がつく。これすごい大事。

最終的にはその日のうちにボビングをマスターし、クロールで20mくらいまで泳げるようになった。

さすがのマンツーマン。すごい上達スピード。

正直1回頼んだだけでは足りない

教えてもらったことを忘れないうちに同じコーチに何回か集中して教わって、せめてクロール25m(フォームもそこそこきれい)までもっていかないと逆に無駄かも。

しかし費用高いです…マンツーマンなので…。

夫婦で会議した結果、うちは普段あまり休日にレジャーに行かないので、レジャー費用をさらに控えてその分を個人レッスンに回すのはどうかという案になりました。

土日もなるべく外食を控えてその分の金を浮かせることに。

育休中なので体力的にはなんとかなりそう。